このサイトでは、これからニュージーランドへの高校留学を検討している方に向けて必要な情報をご紹介しています。
高校在学中の海外留学をするにあたって、学生本人の目標や目的を決めておくことで何年留学を行うのか決まってくるので、実際に留学をした人の経験談などを参考に、自分の留学期間を決めることをおすすめします。
今回は中学卒業後にそのまま留学をするのか、2週間のみ、1年のみなど様々なタイプをわかりやすく紹介していきます。

ニュージーランドへの高校留学の期間はどれくらい?

ニュージーランドへの高校留学の期間はどれくらい? 海外への留学生活は、日本国内だけでは学ぶことが出来ない貴重な体験が出来ると共に、自分の将来の選択肢を広げる知識や学業などをしっかり学ぶことが出来るチャンスでもあります。
では実際に高校留学を行うにあたって、どのくらいの期間にすればいいのか悩んでしまう方は多いです。
日本での学生生活を疎かにせず、時間を効率よく使って海外での留学を経験してみたいなら、期間を2週間に決めて春休みや冬休みなどのまとまった休暇を利用する方法もあります。
現地でホームステイを体験したいなら、1ヶ月から3ヶ月かけて日常的な英会話を習得するといった留学を希望する学生も多いです。
海外の大学に通いたいと検討しているなら、中学を卒業してからすぐにニュージーランドに高校留学するという方も多く、ポリテクニックという高等教育機関や市立の専門学校で大学の同等のレベルで技術コースを学ぶ事ができます。

ニュージーランドへの高校留学 期間と選択について

ニュージーランドへの高校留学 期間と選択について ニュージーランドの高校は4学期制になっているため、入学のタイミングが調整しやすいという利点があります。
1学期目は1月下旬から4月上旬、2学期目は4月中旬から7月上旬、3学期目は7月中旬から9月下旬、4学期目は9月下旬から12月中旬となっている場合が多く、各学期とも2か月半程の期間となっています。
必ずしも1学期目から入学する必要はなく、高校留学の時期や期間を選択することができるため、日本での高校生活との調整や留学から帰国した後の人生設計も組み立てやすいといえるでしょう。
ただし、4学期目からの入学を受け付けていない学校もあるため注意が必要です。
また、4学期目と1学期目には長期休暇が挟まるため1学期目からの入学が望ましいといえます。
ニュージーランドへの高校留学には短期留学と長期留学となる1年留学と卒業留学に分かれます。
短期留学では春休みや夏休みを利用して留学ができるため、現地の雰囲気を味わうなど長期留学前の視察に適しています。
1年留学では、留学時期次第では帰国後に1年以上日本の大学への進学準備を行うことが可能です。
卒業留学ではニュージーランドの大学への進学も目指すことができます。
入学時期や期間の選択に自由度が高いので、日本での学年や進学時期に合わせて柔軟な留学プランを立てることが可能な点が魅力です。

自分の目標を明確にした上で決めるべき高校留学プログラム

高校留学と一言にいっても、その種類も期間も様々です。思い浮かべやすいのは、学校の制度を利用した交換留学で、現地の学生と交換に1年間海外の学校に通学し、ホームステイをするというものでしょう。しかし、今は様々な高校留学のプログラムが実施されていますので、自分の将来の設計や目標に沿った計画を事前に立てておくべきです。期間も春休みや夏休みを利用した短期間のものから、1年だけに留まらない長期間のプログラムもあります。日本の高校を卒業するのではなく、現地の高校を卒業し、現地の大学へ進学をするという選択肢も今では可能になっています。進学先の大学が日本の大学なのか、海外の大学なのかによって計画は大きく異なります。更に就職先まで視野に入れて日本で働くのか、海外企業に就職したいのかの先の見通しまで立てておいた方が良いでしょう。長期の留学となると、ホームステイなのか、寮なのかによっても高校留学の成果が変わってきます。自分が望んでいる形は何か明確にしておきましょう。

高校留学が進学にもたらすメリットとデメリット

高校留学は人間力と語学力を高めることに大いに役立ち、人生の宝となる貴重な経験ができるのは確かですが、時期や期間をしっかり選ばないと進学に支障をきたしかねないのでじっくり考慮する必要があります。高校留学のメリットは英語力がアップできること、デメリットは英語以外の教科がおろそかになってしまがちだということです。高校留学を準備するときに、必ず頭に入れておかなければならないのは大学受験です。留学中に英語力がアップするのはほぼ必至で、英語の試験は楽にクリアできるかもしれませんが、長期間の留学では英語以外の教科のレベルの低下が懸念されます。目標とする大学の入試に必要な教科がしっかり強化できるかを考えなければなりません。もし長期間の高校留学を希望する場合は、1年生か2年生の初期に行くことをお勧めします。入試間近に長期間日本を留守にして英語の勉強に集中してしまうと、複数教科の受験勉強に追いつけなくなってしまうからです。

ニュージーランド高校留学に必要な英語力は?NZを選べば不安解消

高校留学がしたいけど、英語力に不安がある…。
留学に対する語学力の不安は、なかなか避けては通れないものです。そのような不安を抱えている高校留学希望者の皆さんに向けて、ここではニュージーランドでの高校留学で求められる英語力についてご紹介します。
※以下ニュージーランドはNZと省略します。

1.入学時に必要な語学力
NZの高校に入学する際は、特別な英語のスキルや資格は必要ありません。ただし過去の成績表の提出が必要であることが多いため、英語に限らずあまりにも成績が悪い、中学校での学びが全く身についていないと判断された場合は、入学許可が下りない可能性もあります。 しかしNZは、他の英語圏の留学先と比べると勉強面には比較的寛容だと言われているため、そのような心配は殆どありません。

2.留学中に必要な語学力
現地の高校の大半には、ESOL(English for Speakers of Other Languages)と呼ばれる留学生のための英語の補習授業があります。ESOLは平常授業と並行して行われますが、事前に英語の能力を上げたい場合は渡航後に語学学校に通うケースもあります。一般的に高校留学には英検3級程度の語学力が必要だとされていますが、それに満たず授業が厳しい場合も、NZの高校では単位を落としても留年にならないため、自分のペースで確実に語学力を身につけられる絶好の留学先だと言えるでしょう。

ニュージーランド政府における日本からの高校留学の受け入れ態勢について

南太平洋に浮かぶ約140ヘクタールほどの小さな島国、それはニュージーランドです。地上最後の楽園とも称されており、豊かな自然と広大な平原を目にすることができます。
観光スポットとして毎年世界各国から大勢の方が足を運んでいますが、高校留学の聖地という側面も併せ持っているのが特徴です、日本でも高校留学先で人気を得ており、多くの方が語学を学ぶために渡航をされています。ここでは簡単に、ニュージーランド政府による日本からの高校留学の受け入れ態勢を見ていくことにしましょう。まず日本から訪れる高校生は、入国ビザを申請する必要はありません。これは2000年に姉妹都市締結をなされたことで実現をしており、最長10年間の滞在まではビザなしで入国をすることが可能です。高高校留学生の受け入れ態勢はとても整っており、国内の現地の方々の住まいを提供されているのも特徴になります。ホストファミリーと称しており、家族同然の扱いを受けられます。

高校留学に最適なニュージーランドの都市とは?

ニュージーランドは英語圏の国のなかでも、人気の高校留学先です。南半球にあり、自然が豊かで高等教育のレベルも高くなっています。大学のレベルも高く、ここで学んでからアメリカやイギリスの大学にチャレンジしてもいいでしょう。さて、そんなニュージーランドですが、いくつかのお勧めの街があります。まずは最大の都市オークランドです。語学学校が豊富にあり高校留学にもお勧め。街は非常に発展していて中心部を外れると、ビーチをはじめとする自然豊かなエリアが広がっています。
ウェリントンはこの国の首都です。坂の多い風情のある街並みが広がっており、人口は40万人ほどのコンパクトシティです。気温差が少なく、一年中快適に生活できるところもポイント。カフェ文化が発達していて、街の至るところにおしゃれなカフェやレストランが見つかります。映画産業の中心地でもあり、映画の「ロード・オブ・ザ・リング」はこの街を拠点に作られました。この他にもクイーンズタウンやクライストチャーチなどの都市があり、おすすめの留学先は多いです。

ニュージーランドへの高校留学はカウンセラーに相談しよう

ニュージーランドは多くの日本人留学生を受け入れている国です。ホームステイプログラムが充実していたり、学べる内容も高レベルなものなど学びたい意欲に応えてくれます。高校留学を考えているなら、ニュージーランドは良い選択肢の一つと言えます。ただ、中学校を卒業してすぐに高校留学するのは何かと大変です。留学する人の多くは大学生からが多く、費用面や安全面、語学力など様々な点で不安があるでしょう。ここでお勧めなのがカウンセラーに相談することです。
留学カウンセラーという海外へ挑戦する学生たちを支援するアドバイザーがいます。渡航先の選定から目的、期間、現地でのサポート、将来の進路などぴったりの留学プランをサポートする人です。カウンセリングは何度かに渡って行われて、不安や希望などを聞いてアドバイスが行われます。大切なのは納得のいくまで辛抱強く相談することです。しっかりと相談することで、カウンセリングは留学の第一歩となってくれるでしょう。

高校留学で人気の場所・ニュージーランドでのビザの必要性の概要とポイント

日本は国際社会との結びつきが強く、姉妹都市となっている地域もたくさんあります。この姉妹都市締結を結んでいるところでは、基本的に長期滞在をする際でもビザの必要性はありません。
多くの都市と締結をおこなっていますが、そのなかでもニュージーランドは高校留学地として非常に高い人気を集めているところです。高校留学では半年または1年以上の留学期間となるため、通常はビザを取得しなくてはいけません。ところがニュージーランドの場合はその限りではなく、10年以上の長い期間でもビザの必要性はないというわけです。高校留学で人気となっているのは、その渡航のしやすさもポイントになっています。国内で在席をしている高校では、各生徒のパスポートの手配から渡航証明書も用意をしなくてはいけません。ビザを外務省から取り寄せるには1か月以上もの長い時間を有するものですが、その手間を省くこともできるのが良い点といえるポイントにもなりました。

もっと高校留学について知りたい

高校留学 ニュージーランド

新着情報

◎2022/7/25

情報を追加しました。


>ニュージーランド高校留学に必要な英語力は?NZを選べば不安解消
>ニュージーランド政府における日本からの高校留学の受け入れ態勢について
>高校留学に最適なニュージーランドの都市とは?
>ニュージーランドへの高校留学はカウンセラーに相談しよう
>高校留学で人気の場所・ニュージーランドでのビザの必要性の概要とポイント

◎2021/2/12

留学するために必要なものやメリット
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

留学期間の決め方
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ターム留学
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 海外」
に関連するツイート
Twitter

返信先:ですです、数々の事件を乗り越えたある日、海外留学してた⚡️くんそっくりの兄弟が登場してさらにすったもんだしたりの展開はシーズン2で!!!

円安で留学費用が高くて困っている人が大注目のマレーシア留学。 大学留学も無料でサポートしている一般財団法人海外留学推進協会が「マレーシアも7大学」と一緒に留学フェアを開催。

情報をご存じの方は情報提供をお願いします。 なお、海外留学に関する情報は国際戦略推進機構公式HP>海外留学のページなどを参考にしてみてください。 (Tomo.H)

留学でも旅行でもまた海外行きたい

海外から留学に来てる子、出会ってそんなに経ってないのになんでこんなに気が許せるんだろ 凄く話しやすい 不思議